一般的なオプション取引

一般的にオプション取引とは、
1.将来のあらかじめ定められた期日に、
2.特定の商品(原資産)を、
3.現時点で取り決めた価格で売買する「権利」です。
要約すると・・・。

1.いつ
2.何を
3.いくらで
「買う」権利と「売る」権利を取引します。


これはバニラオプションの流れですね。
わかりやすいですね。