FX
*取引銘柄
*ご注意
①取引単位/1枚は10,000通貨単位となります。
②Horizon FXはスプレッドが原則固定(例外あり)となります。
③主要国政策金利の変更やテロ等により為替市場の流動性が著しく低下した場合や相場急変時、経済指標発表時においてはスプレッドが拡大する可能性がありますのでご注意ください。
④当社のレート最小単位は0.1ピップス(対円通貨0.1銭)です。
⑤電話注文:1枚片道 2,000円(米ドル口座 20米ドル)

*手数料相当額:無料
(実質スプレッドが手数料となります。)

*必要証拠金:
個人のお客様:4%
詳しくはこちらから。
法人のお客様:毎週変動
詳しくはこちらから。
*ロスカット制度
・ロスカット制度
お客様のポジションは値幅制限がない取引市場で24時間運用されることになります。
多額の損失を未然に防ぐために“自動ロスカット”を採用しております。
・上記を下回ると必要証拠金維持率が100%に達すまで自動的にお客様の全部又は一部のポジションに対して、反対取引を実行します。
・ロスカットはお客様の損失拡大をロスカットポイントにより下回るレートで約定する可能性や、損失が証拠金預託額を上回り、追加入金が必要となる可能性があります。
詳しい計算方法などは下記のPCサイトよりご確認ください。
www.easthillfx.co.jp/jp/fx_index4.asp#b
*取引時間
<夏時間>
月曜日08:00~火曜日05:55
火曜日06:00~水曜日05:55
水曜日06:00~木曜日05:55
木曜日06:00~金曜日05:55
金曜日06:00~土曜日05:00

<冬時間>
月曜日08:00~火曜日06:55
火曜日07:00~水曜日06:55
水曜日07:00~木曜日06:55
木曜日07:00~金曜日06:55
金曜日07:00~土曜日06:00

①休場時、サイト上で事前にお知らせ致します。
②夏・冬時間は米国時間に準拠しますが切替日は取引サイト上でお知らせ致します。
③下記時間帯にFX取引執行は不可ですが、システムのログイン・取引履歴など各種照会は可能です。
FX取引の執行ができない時間帯:
* 夏時間 土曜日の午前5:00~月曜日の午前8:00
 冬時間 土曜日の午前6:00~月曜日の午前8:00
* 特定日(当社が指定する非取引日:元日、クリスマスなど)
* 取引日の夏時間5:55(冬時間6:55)直後の10分間の間にシステムメンテナンスを行うために、取引できない 場合がございますのでご了承ください。
* 上記の時間表示はすべて東京時間です。
*ロールオーバー方式
外国為替証拠金取引では、バリューデート(決済日)を自動的に繰り延べすることができます。これを“ロールオーバー”といいます。通常、外国為替取引(インターバンク市場)は売買日後の第2営業日の決済日に通貨の交換を行います(「為替現物取引(スポット取引)」)。「Horizon」では為替現物取引のレート基準に売買しますが、お客様の口座ポジション(お客様の建玉)は、翌営業日に持ち越すことが可能です。
このように決済期限を繰延べる方法をロールオーバー方式といいます。ロールオーバーを繰り返すことにより結果として決済期限を無期限に延長することができます。つまりお客様は長期間ポジションを保持することが可能となり期限を気にすることなく取引することができます。
ロールオーバーする場合、その日の終値が評価損益の評価値となり、この評価値に基づいて算定された評価損益が有効証拠金に反映されます。

*銀行間取引(インターバンク)と外国為替証拠金取引の決済方法の違い

スワップ金利
ポジションをロールオーバーする際に金利差を調整することにより発生する利息のことを指します。
「スワップ」とは交換という意味で、異なる2か国間の金利を交換するのがスワップ金利の特徴です。
2種類の通貨には当然金利差があります。高金利通貨を買って低金利通貨を売る場合、発生する金利差を受け取り高金利通貨を売って、低金利通貨を買う場合は発生する金利差を支払うことになります。
スワップ金利は売買日差を基準とするのではなく、バリューデート日差を基準としています。水曜日から木曜日にロールオーバーする場合、バリューデートは金曜日から月曜日に持ち越すことになります。この場合、3日分の金利が付くことになります。また金曜日から月曜日にロールオーバーする場合はバリューデートが火曜日から水曜日となりますので1日分の金利ということになります。各国に休日があれば各国の通貨のバリューデートが変わるためスワップの日数も異なります。
たとえば1取引単位のスワップ金利が100円の受取りだった場合、1年間で100円×360日=36,000円となります。
FX取引ではスワップ金利の清算は日々行います。
*ロールオーバーの際にスワップ金利はお客様の取引口座内で清算されます。
*休日も計算の対象となります。
*「Horizon」のFX取引では金利の変動より「受取」「支払」のスワップ金利をサイト上で随時公表しております。
スワップ金利はこちらでご確認ください。
www.easthillfx.co.jp/ljll/ljll.htm

[重要]
スワップ金利は外貨預金のような運用方法の一例ですが、各国の金利情勢の変化によって随時変動しています。つまり、将来の受取りスワップ金利は、大きくなることがありますが小さくなることもあります。
外国為替証拠金取引では「受取り金利分-支払金利分=スワップ金利」となります。買い持ちの通貨が高金利通貨であればスワップは利益になります。逆に高金利通貨を売り持ちしている場合はスワップは損失となります。