商品CFD
*取引銘柄
*ご注意
①上記取引銘柄のスプレッドは原則固定です。(例外あり)
②主要国政策金利の変更やテロ等により市場の流動性が著しく低下した場合や相場急変時、経済指標発表時においてはスプレッドが拡大する可能性がありますのでご注意ください。
③掲載内容は予告なく変更する場合がございます。
④電話注文:1枚片道 2,000円(米ドル口座 20米ドル)

*手数料相当額:無料
  (実質スプレッドが手数料となります。)

*必要証拠金:
  個人のお客様:5%
  法人のお客様:1%
*取引可能時間
≪金・銀 取引時間≫
<夏時間>
月曜日08:00~火曜日05:55
火曜日06:00~水曜日05:55
水曜日06:00~木曜日05:55
木曜日06:00~金曜日05:55
金曜日06:00~土曜日05:00

<冬時間>
月曜日08:00~火曜日06:55
火曜日07:00~水曜日06:55
水曜日07:00~木曜日06:55
木曜日07:00~金曜日06:55
金曜日07:00~土曜日06:00

≪大豆・トウモロコシ・小麦 取引時間≫
<夏時間>
月曜日09:02~火曜日03:15
火曜日09:02~水曜日03:15
水曜日09:02~木曜日03:15
木曜日09:02~金曜日03:15
金曜日09:02~土曜日03:15
*取引時間内の休み時間:毎日21:45~22:30

<冬時間>
月曜日10:02~火曜日04:15
火曜日10:02~水曜日04:15
水曜日10:02~木曜日04:15
木曜日10:02~金曜日04:15
金曜日10:02~土曜日04:15
*取引時間内の休み時間:毎日22:45~23:30

≪銅 取引時間≫
<夏時間>
月曜日10:00~火曜日05:55
火曜日07:00~水曜日05:55
水曜日07:00~木曜日05:55
木曜日07:00~金曜日05:55
金曜日07:00~土曜日02:00
*取引時間内の休み時間:毎日21:10~21:20

<冬時間>
月曜日10:00~火曜日06:55
火曜日08:00~水曜日06:55
水曜日08:00~木曜日06:55
木曜日08:00~金曜日06:55
金曜日08:00~土曜日03:00
*取引時間内の休み時間:毎日22:10~22:20

≪原油 取引時間≫
<夏時間>
月曜日08:00~火曜日05:55
火曜日07:00~水曜日05:55
水曜日07:00~木曜日05:55
木曜日07:00~金曜日05:55
金曜日07:00~土曜日03:30
*取引時間内の休み時間:毎日22:00~22:05

<冬時間>
月曜日09:00~火曜日06:55
火曜日08:00~水曜日06:55
水曜日08:00~木曜日06:55
木曜日08:00~金曜日06:55
金曜日08:00~土曜日04:30
*取引時間内の休み時間:毎日23:00~23:05

*取引日
・システムの夏・冬時間の正確な切替日は当社のホームページ上でお知らせいたします.
・海外の休日等のため取引時間が短縮される場合があります。
この場合は事前にお知らせいたします。
・上記時間帯であってもインターブローカー市場等の金融市場が機能しない場合は予告なく取引を縮小または中断することがあります。
・取引日の夏時間5:55am(冬時間6:55am)直後の10分間にシステムメンテナンスを行うため、取引できない場合がございますのでご了承ください。

**上記の時間表示はすべて東京時間です。
*ロスカット制度
・ロスカット制度
お客様のポジションは値幅制限がない取引市場で24時間運用されることになります。多額の損失の発生を未然に防ぐために“自動ロスカット”を採用しております。

個人のお客様
取引日のマーケットオープンから当該取引日のマーケットクローズまでの間に、お客様口座の保有ポジションの証拠金維持率(有効証拠金/必要証拠金)が10%を下回らない限り、お客様のご自身の判断で、追加入金するか、このまま継続してポジションを持つかという選択ができます。但し、取引日のマーケットクローズの時点で、お客様の保有ポジションの維持必要証拠金維持率(有効証拠金/維持必要証拠金)が100%を満たしていない場合、当該取引日の終値を用いて維持必要証拠金維持率の100%に達すまで自動的にお客様の全部又は一部のポジションに対して、反対取引を実行します。
法人のお客様
月曜日のマーケットオープンから金曜日取引日のマーケットクローズまでの間に、お客様口座の保有ポジションの証拠金維持率(有効証拠金/必要証拠金)が25%を下回らない限り、お客様のご自身の判断で、追加入金するか、このまま継続してポジションを持つかという選択ができます。但し、金曜日のマーケットクローズの時点で、お客様口座の維持必要証拠金維持率が100%を満たしていない場合、金曜日のマーケットクローズの終値を用いて維持必要証拠金維持率の100%に達すまで自動的にお客様の全部又は一部のポジションに対して、反対取引を実行します。また、取引時間帯以外の時間(取引日内の休み時間帯を除く)では、証拠金維持率は50%を維持しなければなりません。(Spot金・銀を除く)



<原則>
1)お客様の未決済ポジションが自動的に成行注文で決済されます。
2)複数未決済ポジションがある場合に、ロスカットを実行する順は、新しく約定された注文(新しい建玉)から行われます。
3)証拠金取引とオプション取引の未決済ポジション両方とも所有している場合、先に証拠金取引の両建がないポジションが決済されます。その後、オプションの両建てがないポジションが決済されます。そして、オプションの両建がある(callとput同時所有)ポジションが決済され、最後に証拠金取引の両建があるポジションが決済されます。
*ロールオーバー方式
当社の商品CFD取引ではバリューデート(決済日)を自動的に繰延べることができます。これを「ロールオーバー」といいます。直物取引等では通常、売買日後の第2営業日に決済を行いますが、商品CFD取引ではお客様の口座のポジションは翌営業日に持ち越すことが可能です。このように決済期限を繰延べる方法をロールオーバー制度といいます。ロールオーバーを繰り返すことによって結果として決済期限を延長することができます。つまり、金・銀に対し、お客様は長期間ポジションを保有することにより期限を気にすることなく取引することができます。銅・原油・大豆・小麦およびトウモロコシに対しては「調整」により、期限を気にすることなく取引することができます。ロールオーバーする場合、その日の終値が評価損益の評価値となり、この評価値に基づいて算定された評価損益が、取引証拠金の有効証拠金に反映されます。
*金利について
商品CFDでは、銅・原油・大豆・小麦・トウモロコシには金利の発生はございません。
スポットの金・銀を売り建てしている場合は、金利を受け取ることができます。買い建てしている場合は逆に支払が生じます。
(状況により変動する場合がございます。)

金利の計算方法:(円口座)
建玉値(または現在のレート)×取引単位×買い金利または売り金利/365×枚数×日数×ドル円のロールオーバー日の終値

*金・銀のスワップポイントは下記よりご覧ください。
www.easthillfx.co.jp/ljll/ljllcfd.htm
*参考調整日
Horizonシステムの先物銘柄は「調整日」に期先、期近商品の買値及び売値の計算により「調整」を行い、ロールオーバーを行います。お客様は長期間先物銘柄ポジションを保有することが可能になります。「調整」に基づいて算定された調整金額は残高及び有効証拠金に反映されます。
先物銘柄の指値、逆指値について期近から期先に切り替える時、価格の変動が大きくなり、設定した指値または逆指値が即約定され、お客様の指定した値段と同一にならない場合があります。
「調整」の計算方法:
買いポジションをお持ちの場合:
調整=[-(期先買値-期近買値)×取引単位]×枚数
売りポジションをお持ちの場合:
調整=[+(期先売値-期近売値)×取引単位]×枚数

*調整日は下記よりご覧ください。
www.easthillfx.co.jp/jp/Commodity_index7.asp